シンクグローブ・コンサルティング

Voice
研修参加者の声

赴任前研修/グローバル化啓蒙研修 中堅赴任者研修 拠点マネジメント・拠点長向け研修 現地社員向け研修(英語)

赴任前研修/グローバル化啓蒙研修

任地に行って仕事を頑張るぞ、とスイッチが入った。ワクワクしてきた。決められた期限の中で目標を立て て、任務を終えて帰国する際は達成感を得られるように頑張りたい。
講師のお話は実体験に裏打ちされており、極めて説得力があった。ポイントも明確であり、大変わかりやすい。自分の体験を人に伝えたい、という熱意を感じ話に引き込まれた。
言葉の習得以外でコミュニケーションを円滑にするポイントがわかりやすく説明され、勇気づけられた。着任後はぜひ、学んだことをやってみて任務に役立てようと思った。
現地でのマネージメントスキルにとても生かせる学びだと感じた。言葉のバリアよりもバリアを自分で作らない姿勢が大事であることなど行動に落とし込みやすいので役に立つ。海外赴任への姿勢、心構えを学ぶことが出来たし、実体験の内容がほとんどであったため、イメージが沸いた。
ご自身の経験や実例を基にした講義で迫力があり面白く受講できた。特に失敗事例からの学びが印象的で話に引き込まれた。またグループ演習で考え参加する形であったので納得感があり現地でも忘れる事はないと思う。
概念に加えて実体験に基づく分析も示され、具体的でわかりやすかったし、語り方が上から目線では無く非常に聞きやすかった。
教授いただいた部下との実践的コミュニケーションスキルは、海外現法に限らず国内会社においても十分用いることができるものだと思います。自職場においても早速活用して行きます。
グローバルとはいえ、国内でも普遍的に通じるお話であり、部下や自らの組織に対する接し方、またそのためには手間や情熱を惜しんではならないという先生の心構えは非常によく理解できた。
中堅赴任者研修

今回の研修に強く感銘を受けた。それなりに現地に溶け込めていたと考えていたが、「外国人だから」という前提の上であったと自らの甘さを 痛感、反省した。派遣前に是非聞きたい内容であった。
限られた赴任期間内で どう現地に溶け込み、ビジョンを示し、皆を引張って行くか、また、赴任先の課題を本社・ 現地双方の目線からどう解決・達成していくか その秘訣を学ぶことができた。が、同時に自分にその覚悟を問われた研修でもあった。
実際に現場のトップで苦労した講師の話は非常に興味深く示唆に富む内容であり、海外勤務経験が複数回あり理解しているつもりだったが新たに再認識させられた。今後の赴任で必ず役に立つものと感じた。
実体験に基づいた話と多数の写真を交えて説明頂いたので、赴任している自分にもかなりの説得感があった。自己開示や行動の可視化についての概念はこれまで意識したことが無かったので強く印象に残った。現地で実践してみたい。
現地での経験に基づいているので説得力があり、現地スタッフを主役にするために必要なスキルを納得感を持って学べた。特に悩んでいた一体感を醸成する数々の手法と姿勢を学べたことが大きい。
穏やかな語り口ながら、非常に熱意と力強さ、思慮深さを感じた。今回の一日限りの、一期一会と思うが、先生のような方に巡り合えたこと を幸運に思う。
拠点マネジメント・拠点長向け研修

豊富な経験、失敗事例、その後に生まれている現地、現地人の成長が、臨場感いっぱいに伝わってきました。実際に現地に赴任してから自身で経験した内容ともオーバーラップするような事例が説明され、とても切実・有益に感じました。
現地での人間関係、コミュニケーションという点で、とてもよい事例を見せていただいた。現実に起きることを実例とその分析で理解でき、とても実感が湧いた。
最初は自慢話かと思っていたのだが、実体験に基づいてのエピソード、アドバイスなどにどんどん引き込まれた。気持ちの開示の第一歩は笑顔とか、伝えるべきもの 「VISION」はブレないようにとかの基本をあらためて銘記させられた。
ご自身の体験談に基づいたお話で大変説得力があった。自分も悩んでいたことが多く、赴任地ですぐに実践をしたい。
全てにおいて実体験をベースに話され、現場で有効・有益な内容が多く、自分の任地での実践に向けリアルに考えさせられるきっかけとなった。
お互いの文化を尊重し、向かっていくゴー ルを共有することの大切さを改めて認識させられとてもよく理解・共感できた。スキルというよりも拠点トップの持つべきフィロソフィーそのものと感じた。
人間関係、コミュニケーションという点で、とてもよい事例を見せていただいた。現実に起きたことを 実例で理解でき、実感が湧いた。自分も誰にも言えず悩んでいたことなのでたいへん有益な機会だったと感じている。
最も確実に成果を出す為のキーワードとそのやり方を学べた:「自己開示」 → 「傾聴」 → 「可視化」 → 「先制的信任」 など。 また、全てのスタートは、「その国の、その現場と向き合う姿勢を可視化する」ところから始めるという点に深く共鳴した。実践あるのみ!
現地社員向け研修(英語)

I learned attitude toward the national staff as a manager or leader.Active listening is the most important skill to establish trust among peers in overseas.It was amazing experience to understand the required mind-set for manager(s)/leader(s) in the local entities.
His past experience was really good example for the people working with local staff. I’ll keep in mind his talk and make good relationship with local staff at our operation.
“Attitude toward people” is quite important to “be a member” & to “manage diversity”.The contents are quite interesting & helpful because real experience, especially, experience of “mistakes” were also shown.
I have learned how to perform the leadership, that is, leader should understand and know followers, cultures and the environment. The real story of Mr. Itoki was very useful and interested to me.
The most impressive learnings was “the situation can be changed by own attitude” hearing Mr. Itoki leadership lecture. He grew up his leadership changing his attitude step by step.
I learned the development and growth of leadership skill. I noticed that I also faced the same situation as he that I did not trust and delicate job to my team. After I got lectured from him, I was ignited to trust them and confident to delegate job or authority to them. Moreover, I also learned about how to manage in difficulty or regression situation. He showed “understanding the real situation and getting trust from local staff” can be the good starting point to improve and/or recover situation.


TOP